FX(外国為替証拠金取引)のパターンには取引所取引というものがございます。外国為替証拠金取引(FX)会社と商業取引を実施する行為を「店頭取引」と言うのですがこの取引に関しては取引所を通行させないでビジネスの対象は外為取引(FX)業者になります。「取引所取引」という場所はFX(外国為替証拠金取引)業者は橋渡し役であって直の売買目標は取引所との事になるのです。この違いをこちらでちょっと比較していきましょう。第一に「店頭取引」の場面は預けている資金は外為業者にコントロールされているのです。反面「取引所取引」の場合、その証拠金は全金額取引所にデポジットしないといけないと義務化されているのです。そうすることによって万が一外国為替証拠金取引(FX)企業が経営破たんするというような問題が例えあっても、後者は、取引所によって証拠金が全てのお金がガードされているということになっています。店頭取引の場合はFX(外国為替証拠金取引)企業が管制しているので、様子によっては企業パンクのしわ寄せをの傷を受けて託していた証拠金は擁護されないかもしれないです。税金面から言っても両者双方内容に差異が存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として月給と合計で届出をしなければいけません。一方確定申告しなくても良いケースもあるらしいので、自身に相応するかどうか入念に検証していただきたいです。万が一アナタがビジネスマンで年俸2000万円以下、給与所得をはみ出した収入が20万円以下(2.3の会社から給料の所得がないこと)というようなのような条件を満たしている状態でいれば例外というお話で確定申告は不要になります。外為もうけが二十万円以上場合は確定申告するようにして下さい。税率は収入に反応して5〜40%の6段階に組み分けされていて実収が高いのであればtaxも高騰します。「取引所取引」では、利潤があった時は他の実入りとは別口として「申告分離課税」のターゲットとなります。税の度合いは全て同じ20%となるのですが、もしかして赤字が確定したのであれば「取引所取引」の利益としてマイナス分を次年以降に先延ばしすることが可能です。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価なtaxになる時というのも大いにあるので照らし合わせて検討していった方が良いと考えます。分けても新参者の方なら、株価の浮き沈みや円相場に日ごと注視して、もうけやマイナス分にひやひやするがために、税金においての物事を忘れたかのようになることもあるので要注意です。マイナス分は困るのですが、収入が多くなれば税金に関しても値上がりするので目を向けるのと意識が大切との事です。