FXの投資についての目標は、各国各々の公式貨幣なのです。公式貨幣において勉学に打ち込んでみたいと予定しています。・流通通貨には「基軸通貨」という名称でよばれているものが存在します。基軸通貨というのは、決済に関してや金融商品の取引に関して使われる流通貨幣のことを言いますが現在はアメリカ合衆国ドルになります。当時は英ポンドについて基軸通貨でありましたが、第二次世界大戦後はアメリカ合衆国ドルになったのであります。・FXを使用して取引きしている公式貨幣の種類に際しては他で言う外貨での投資と比べて際立って多いのが特殊性というのがあげられます。FX会社により取り扱っている通貨の種類に際しては違ってきますが、20種類位ある模様です。20種類の中でも変動が高い貨幣を、メジャー通貨と称します。流動性が高い数値が表すことは、取引きが積極的に実行されておるという事であり流通貨幣の取引がたやすいという事です。主流の流通貨幣には上記でお話した基軸通貨であるアメリカ合衆国ドルに、日本の円、ユーロ(?)3つが存在しており、世界三大通貨と言われています。豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と表されております。世界三大通貨と準メジャー通貨以外の流動する性質があまりない通貨はマイナー通貨と呼ばれて、国力や経済に関するパワーが乏しい国での通貨で、南アフリカランドや人民元、インドルピー、メキシコペソなどが広く支持された通貨においては売買されてる数量が多量なというのもあって、値の激動が横ばいで、情報量も多くいきかっているとのことです。マイナー通貨は利息が高い額な場合が多く値の乱調が大きいようです。値の乱調がかなりあるいう事について、多大な黒字を手に入れるタイミングがあるのですがリスクの恐れも大きいです。更に流動性があまりない公式貨幣なのでフィックスを求める時に限って売買を完了させる事が忍びない状態になり得る事があるのです。どの通貨を品定めするのかという事においては個別の通貨の属性をしっかりと研究してから実践する事は大切であると思います。