FXで投資する魅力はたった一つの投資商品であるが資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの期間からどの期間をチョイスするかということにより投入の手法が全然変わるという部分にあります。まずは外貨への投資の「長期の投資」について詳しく見てみよう。長期投資とは一年以上の長期の出資を基本としているのが通常です。基本的に為替においては一年以上も後の為替レートが円高なのか、円安かを考えるなんてことは、無謀かと思います。通常なら、「それほど後々の情勢は考えられない」というのが当たり前でしょう。見当もつかないものを頭を使って予想しようにもそれは無意味なのです。そのことから、他国の貨幣を買ったら、その時点でのレートよりも円高になってしまっても、それは待っていれば戻ってくるという軽いイメージでやり取りに取り組むのが良いと思います。利益をがんばって狙うのではなく、別の方法での収益つまりはスワップ金利で収益を上げるということを、まず最初の目当てということにしてやりましょう。当然少しの間に為替変動による損失がひどく膨らむことがあります。ですから大きな為替差損が大きくても問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめで設定することは大切です。FXは、為替差損が決まった範囲を上回って増大すると追い証(追加保証金)が出て来たりそれとも損切りになってしまったりします。ストップロスをすることになったらすぐ売買を終わりにしなければならず、長期投資が厳しくなります。この手のリスクを抑えるためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍にしてやり取りするのが良いでしょう。2番目に中期のスタンスのケースのやり取りに関してです。中期の投資のケースは、一番長くて2ヶ月程度経った頃を見越しての売買を行うのです。為替のトレードの時、だいたい1ヶ月ほど先のことは、おおよそ予知しやすいでしょう。G7などのような国際的な議会とか為替の市場で取引している人たちがどのような内容に興味を持っているかを聞いてみればだいたいの場合見当がつくでしょう。こういったファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)をチェックしつつ、チャートを確認することで、為替相場の変動を把握できるようになり売買を見定めるべきです。基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とジャッジのどちらも良い方向であり、またはどちらも買い傾向が同様の時は、ほとんどのケースでは予想通りに動くと考えて問題ありません。そんな時は保有高を増やしておけばもっと多くの儲けを手に入れられるのはほぼ間違いないでしょう。第三に短期のスタンスの重要点。この短期のトレードとは言わばデイトレーディングを意味しています。為替で日計り取引をする時は、ファンダメンタルズは絶対に影響がないと明言していいです。なぜならば翌日の為替レートの変動に経済の状況は絡んでいないからです。この時のポイントは大きな出来事がある際それによって為替相場がかなり動く機会を見過ごさないよう行動しましょう。例を挙げるとアメリカ合衆国において雇用統計が公示されるまたは金融政策決定会合などにより金利が変動するくらいの催し。こういった絶好のチャンスに動きを捉えるといった意味合いから、短期のトレードでは高度な要素が必須となる。