為替介入(外国為替市場介入)という言葉をご存知でしょうか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌、テレビ番組、ヤフーの報道で目にした人も多いでしょう。最初から外国為替市場介入(為替介入)といえば我が国においては、◯大臣(財務大臣)為替レートの沈着を保つように実行する戦略として見なされています。簡潔に言うと、極度の円高、円安の際に財務大臣のお達しのもとに中央銀行(日本銀行)日本円を売買して為替の相場の安定性を狙うことを言います。為替の介入はいくつか種類があるのです。1.単独介入・・・行政機関または日本銀行が東京市場において積極的に市場に参加して為替の介入を行なう。2.協調介入・・・多くの銀行などが話し合ったうえでそれぞれの通貨当局の持っているお金を以て同じタイミングないし断続的に為替介入を実施していく。3.委託介入・・・海外の銀行などへ向けて介入を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が他の国の銀行などに成り代わり介入を実施する。こういったやり方があります。どのやり方の外国為替市場介入(為替介入)も一時、あるいは引き続き為替市場に大きい影響力を与えると思います。為替の介入の金額はさすが国の面子をかけて行なうだけに桁外れです。円を基本にして説明すると、いつもは少しだけ動いているレートが突然大きく動きをするのです。個人の投資家の人なら体験したことがあると思いますが、それまで順当に含み益(あるいは損失)が多くなっている保有高を持っていたのに、持ち高が決済したとの連絡が外為の会社の発信でメールが来ました・・・いくらくらい儲かったのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済されたデータを確認すると自ら見込んでいた事と真逆の状況であり息を飲んだケースがあるのです。外国為替平衡操作(為替介入)が実施された際に多く聞く話なのです。この例のように為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれると、為替の市場の変動と正反対の変化をすることがわかります。まして動く金の幅はものすごく大きく大きく変動するため気をつけましょう。