外国為替証拠金取引をやる面白さは単独の投資商品であるはずが、お金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3種類の中からいずれをセレクトするのかということで、資金を費やす手だてがまったく異なってくるということにあるのです。外貨投資する「長期」について考えよう。長期というものは、一年以上の長期の投資を基準にしています。まず為替相場においては、一年以上先の為替相場が円高になっているだろうか、逆に円安になっているかを予言するのは、多くは苦難かと思います。実際のところ「それほど先の変動は見当もつかない」と考えるのが一般的でしょう。予測もできないものをなんとか予測しようと思ってもそんなことは意味のないものです。そのことから外国貨幣を買い、その時点での価値よりも円高になったとしてもしばらく経てば円安になるはずだという思いで売買に向き合うのがベストです。差益を一生懸命に上げることではなく、他の方法での差益つまりはスワップポイントを上げるのを、第一のターゲットにしてお金を預けましょう。当然、短期的に為替差損に損がたくさん膨らんでしまうことがあります。そういう訳でこういうケースのような差損でもさほど影響を受けないようレバレッジを必要最小限で取引することは大事です。外国為替証拠金取引は、為替差損が一定金額以上大きくなってしまうと、追い証が出て来たり、またはストップロス(ロスカット)がかかったりします。ロスカットになってしまったらそこで取引を清算することになり、長期のトレードが難しくなります。こんなリスクを抑えるためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍程度でやり取りするのが安心かと思います。2番目に中期の場合の売買を見てみましょう。中期スタンスにおいては、最大で2ヶ月位後を見越しての売買を行うのです。為替の売買においては、だいたい1ヶ月ほど後のことは、ほとんどの場合、先読みしやすいだと思います。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の国際集まりとか為替の市場に参加している人たちがどういったテーマに着目しているかを確認してみれば、おおよそ想定できるはずです。こういった経済の基礎的条件を見る一方グラフを見ることによって為替レートのレベルを理解できるようになり、売買をジャッジする方がいいでしょう。基本的に経済情勢とテクニカルの両方とも良い状況でありまたはどちらも買い傾向が一致していればほとんどその方向に動いていくと考えて良いです。ポジションを増やしておけば一層大きい儲けを受け取れるに違いありません。最後に短期のトレードのポイント。ここでいう短期トレードが指しているのはすなわちデイトレーディングのことを意味しています。為替相場で日計り取引を行う際経済の状態は全然関わりがないと断言します。なぜかというと次の日の為替のレートの変化に、経済の基礎的条件は影響しないからです。この時狙いどころは目を引くイベントがある時、それに影響されてレートがかなり変動するタイミングを見逃さないようトレードしましょう。例として、米国で雇用の情勢が発表される、もしくは金融政策決定会合等によって制作金利が変動するくらいの出来事。こういった絶好のチャンスに変わり目を捉えるという意味で、短期のトレードでは様々な知識が必須となる。