外為市場としてのFXについて、解説していきましょう。外国為替証拠金取引(FX)は通貨をやり取りすることによりそれら通貨の差し引いた利益を儲けるというやり方になります。このように二つの金の中で生み出される利益をスワップ金利をいうのです。このようなスワップ金利というのは正式にはスワップポイントといっているようです。このスワップポイント(スワップ金利)は、一日ごとにでも得られますが、為替相場の変動により違うようです。こんな外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)で儲けることがねらいでFXの取引をやっている方もいます。スワップポイントは、FX業者ごとに違うのでちょっとでもスワップ金利が高いFX業者でやり取りしたい所です。しかしながらスワップ金利は為替レートが変わることで変動するので注意しましょう。また、為替の取引をやる時にはグラフを読めるのが必要になるのです。こうした図表を見る事で為替相場の変化を読み取る事が可能になると言われています。外国の為替初心者の人が見た時、いったい何の図表?のように難しいと感じるかと思いますが重点を知っていることにより図表を読み取る事が可能になるみたいです。どこから日本円が上がるとか下がっている等今が最も円安だとこのチャートを理解する事で判断が可能となり、為替トレードをする時は大変ためになる情報となるはずです。この図表は日本の中ではローソク足(陰陽足)を使っており名前通りローソク形の図で作られています。このローソク足は高値や安値なおかつ終値・始値等を表現されていてチャート図においてはいろんな形となって行くのです。