クルマを買い取ってもらうとき、愛車の処分の時も印鑑証明が必要になります。

それではこの印鑑証明について説明しましょう。

印鑑証明というのはある印鑑が実印で間違いないという事実を裏付ける目的を持つものです。

これがない場合にはその印鑑が実印であるかどうかがわかりません。

決して小さくない売買になる車の買い取りですので、実印が必要になることになりますが、それと一緒に印鑑証明というものが要るのです。

役所で印鑑証明をつくるためにはその前に印鑑証明の手続きをする必要があります。

印鑑証明書に登録する印は正式には実印といい、世界で唯一のハンコであることが必須です。

この印鑑を用意して、お近くの市町村役場の取次ぎ所へいけば、印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードがもらえて登録が完了した判子は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明を交付してもらうには、市役所などの案内係で、印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を埋めて、印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。

それから自動交付機でも交付する事が可能です。

印鑑証明には有効期限はありません。

ですから、どんなに前の印鑑証明だとしてもその効力は持続するということになります。

ですが、クルマ売却の際には効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。

通常は期限を定める必要はありませんが車売却時には、買い取り先が期限を設定していますのでもし車の買取予定の車があるなら最初に用意しておく必要があります。