日本人の10人中8人はこのタイプの保険に入っていると言われています。

どのタイプかというと、「更新型の保険」です。

更新型というのは、例えば10年間とか保険期間を決めていただいて、 その期間が終わると更新してさらに10年間期間を延ばすか、 あるいは解約なり見直すなりします。

更新する場合、ポイントとしては同じ内容であっても 掛け金がアップするということです。

先程の保険期間のお話を例に出すと、 例えば30歳で保険に加入し、10年後更新する場合は 40歳でもう1回保険に加入することと同じなので 掛け金が高くなるのです。

更新型の保険は加入する際に更新後の掛け金の案内があると思いますが、 その掛け金は確定ではありません。

実際の10年後になってみないと、わからないのです。

ぱっと見ると、掛け金が安くて内容も良く見えるのですが、 トータルで払う金額や更新後の掛け金のことを考えると 更新型が良いのか、更新するなら期間を予め長く設定しておく方がよいかもしれません。