一般的な初めての方向けの外為の教科書では、「損失が生じた場合はナンピン買いを入れることによって、ポジション全体の買い付けコストをコントロールする事が出来る」などと書かれている事もありますが正直ここには相当の隠れたリスクがあると思います。キミエホワイト 口コミ

まず、ナンピンの仕組みについて分かりやすく述べておきます。喪服のレンタル 京都

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。ロスミンローヤル 口コミ

$買いのため、円安ドル高に動くほど儲けが出るわけだが、運悪く1ドル=95円まで円高ドル安方向に向ったとします。わきが

この状態でポジションを維持し続けたら利益がでるためには、損失分、ドル高に進む必要があります。多汗症

誰もがみんな、損失は早急に戻したいと願います。 運転代行

これを解決するためはじめに注文したのと同じ分のドルを、1ドル95円でエントリーします。プラスデオ 口コミ

これで、全体の単価は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。コンブチャ デトックス

すなわち、半分の幅で円安ドル高が進めば、損を回復できる。ロナウド腹筋アイテム

この流れがナンピンの理屈です。

ナンピンの手法をみると、「納得だ」という風に思うが、為替は容易には思うようにはいきません。

最初から、1ドル95円以下にならないとは、なんびともわからないのである。

仮に、市場が相当に強いドル安動向だったら1ドル=95円では収まらず一段の円高が加速するリスクが高くなります。

たとえば、97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル95円までドル安になっとしたならばナンピンしたポジションについても、赤字が生まれることになってしまいます。

これでは、一番初めに持ったポジションと全部で、倍の損失が生じる事になります。

例示したとおり、ナンピンは一筋縄でいきません。

ならば、マーケットが自分の脚本とは別の方向にどんどん行ってしまった場合、いかなるやり方で危機を管理すればいいのでしょうか。

こういう時には選ぶべき選択肢は2つ。

まずひとつめは観念して、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの手段としては所持している買いポジションを少なくする事によって、もう一回為替が元のようになるのをじっと待つことだ。

大人しい術だと思う方もいるkもしれません。

だが、自分が保持している買いポジションに為替差損が出た時最も効果のある対策はこれ以上のものは考えられません。

当然、机上では、ナンピンをする考え方も有効です。

だがしかしナンピンは、自分が損をしているにもかかわらず買いポジションを縮小するどころか、買いポジションを積んでいく方法です。

この手法では、危機を回避することなどどう頑張っても無理だと思うべきです。

ナンピン買いを続ければやがては儲けが出るかもしれません。

だが、それ以前に投資資金は足りなくなってしまいます。