キャッシングした場合、お金を返す時には利子を含めての返金になるのは知っていると思います。

カード会社は利益を目当てとした会社なのですから当たり前です。

ですが支払う方は、少しでも少なく返済したいとよぎるのが本心でしょう。

利息制限法が適用される一昔前は、年30%近い利息を支払っていましたが、設けられてからは高額でも年18%位と随分低く設定されていますので、随分良くなったような気がします。

現在のキャッシングの利子の範囲は4%位から18%位の間が用意されていて、利用限度額により定められます。

利用限度額は申込者の与信によって決定します。

総量制限により年収の1/3までと指定されいますので、年の収入がどれくらいあるのか?どういう職業なのか?カードの使用状況はどうなのか?調べられ与信金額としてキャッシングの内容が決まります。

カードを使ったローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各業者で利用可能額は同じではありません)と広い幅があります。

こうしてその範囲の中で定めた利用できる額により利子も決まります。

50万円なら18%、300万円なら年12%、800万円なら年4%といった具合になるのです。

要するに査定が上がれば、与信額も上がり、利息も低くなります。

これに疑念を感じるのは自分だけでしょうか?金融会社にとって、これらの事実は無論問題がない事でしょうが、年の収入の多い人がローンサービスができないと困るとは考えずらいですし、万が一ローンサービスを利用した時でも利率が多かろうが少なかろうが返済に苦労する事はないでしょう。

反って年収良くない人はすぐさまお金が必要なので借りるという人が大半です。

利息が悪いと返済に追い込まれるなるはずです。

ですので使用可能幅の少ない人にこそ低金利で利用できるようにするべきなのではないでしょうか。

これは利用するサイド側としての意見ではあります。

この事実を踏まえて、利子を低くする為にはどのようにすれば良いのか漠然と気付いたと思います。

実際にこれから記述方法で、申し込む人が多いので紹介しますと、クレジットカードの手続きに申込みをする時、年収の1/3ぎりぎりの金額まで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円で申し込み、審査で満額通ればその分利息が良いクレジットカードを持つことができるはずです。

と言って全額使わなければならないというわけではありません。

1万円でも30万円でも必要な分だけの利用可能です。

そして利用限度範囲が300万円で最低金利年間7%位のローン企業も有りますので、そちらを手続きをすればその業者の最低利子で利用できるはずです。

どうですか?アプローチを変えるだけで低利子のキャッシングできるカードを持つことが出来るはずです。

自らの収入とローン会社の利息を照らし合わせて、考える事さえ怠らなければ、より有利な条件でキャッシングできるはずなので、きちんと調べるようにしましょう。