ショップで一切の所有カードが切れるのでもない:クレジットカード会社の加入店舗は、二つ以上のカードサービスと契約しているんですが、どれもの加盟店でみなのサービスの所有クレジットカードが決済可能なのでもありません。

例えば以前からある契約店のときはJCBのマークの入ったクレジットカードしか決済できないときもありますし、最近のショップの場合だとVISAとかマスターカードといった印の書いたカードのみしか使用不可なときもあるでしょう。

ディスカバーカードなどのカードの場合いっそう使用不可な場所が増えるんじゃないでしょうか。

何のクレジットカードが使えるかをいかなる方法で判断したらいいの「じゃあどのようにしてどのような所有クレカが使用可能かというのを確かめたらいいの?」という質問だけど正しくチェックするんだとすると該当店舗の従業員にお見せしてみるのみ、というのが残念だけど正しい答えです。

だがほとんどの店舗やフードコートには加盟店のエントランスのところとかに使えるクレカ会社の印が入っている認証マークが貼られているので「へー、そこの店舗ではJCBが使えるのか」というのが分かりやすいようになっているし確認してください。

とはいっても、正確に管理が行き届いていない加入店のような場合には、ロゴマークが貼り付けられている場合でも「現在ではご使用のクレジットカードは決済いただけません」などという回答をもらってしまうなどという状況もあるわけでとまどってしまうこともなくもないです。

可能な限りより多くの加盟店舗で使えるようにするためにも、異種のロゴ(欧米圏の会社)がプリントされた一般的なVASA、マスターカードJCB、アメックス、ライフカード、等のカードを2、3枚使えるようにしておくようにお勧めします(例えば:VISAカードをいつも使っているなら次は銀聯カード付属のカードを契約する等)。

とりわけ国内使用のみなら、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのブランドが書いてあるクレカを常に所持していれば間違いなく日本全土の加入店舗で3枚のうちどれかのカードを使用する機会があります。

カードを使って日常的にスマートな支払いを続けるつもりならば、確実にこれらのカードを所有しておいて損はないと思います。